一狩りいこうぜ

Wine made from grapes

山梨県の甲府盆地は扇状地になっています。扇状地の中でも特に扇央は水はけが良く果樹園に適しています。
そのため山梨県は果物や野菜の栽培に適していて、桃・ぶどう・すももなどが美味しく育つのです。昔からフルーツ狩りというのは女性や家族連れに人気のレジャーですが、最近ではいちご狩りなどのメジャーなものだけではなく、あらゆるフルーツ狩りが注目を集めてきています。
りんごや梨などの重量の重たいものから桃のように繊細なものまで、珍しければ珍しいほど写真の撮り甲斐がありSNSに載せたい欲をかき立てるようです。山梨県にはあらゆる果物が栽培されているので、生産量日本一の桃を中心に旬の時期がかぶっているものを探してぶっ続け狩りをしてみるのも良いかもしれません。
それでこそフルーツハンターですよね。お目当ての果物の旬が過ぎてしまった!という方も、今はハウス栽培があるので時期が少しずれていても狩れる所があるかもしれません。
諦めずに探してみましょう。せっかくもぎたての果物を食べられるチャンスなので、まるかじりしてみるのはどうでしょう?山梨の果物は特別甘いので、お上品に一口サイズに切って食べるよりも果汁を全部自分のものにできるのでおすすめです。
その際、桃などの水分の多いものは服についてしまう可能性があるので注意しましょう。
あとで山梨の大自然を歩くときに、甘いにおいに誘われて虫がわんさか寄ってくることになり昆虫ハンターになってしまいます。気を付けながら皆でまるかじりして、「フルーツ王国」山梨を堪能してください!